たまごの値上がりは避けられない!?鳥インフルエンザで異常事態!

話題

2020年から猛威を振るっていた鳥インフルエンザが、ここにきて異常事態となっています。

1月19日、前橋市の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが検出されました。
群馬県はこの養鶏場のおよそ45万羽のニワトリの処分を始めました。

鳥インフルエンザがたまごの価格にどう影響するのか?についてまとめます。

題して「たまごの値上がりは避けられない!?鳥インフルエンザで異常事態!」ですが、たまごだけじゃなく鶏肉や鶏料理も調査していきます。

Sponsored Links

たまごの値上がりは避けられない!?

2023年すでにたまごの値上がりは始まっています!

このまま鳥インフルエンザが猛威を振るい続ければ、たまごはさらに値上がりするでしょう。

鳥インフルエンザで異常事態!

群馬県によると、前橋市の養鶏場から1月18日に「死ぬニワトリが増えている」という連絡がはいりました。
ニワトリの遺伝子検査を行ったところ、19日に鳥インフルエンザウイルスが検出されました。

これを受けて群馬県は、19日正午から、この養鶏場のニワトリ約45万羽の処分を始めました。
※群馬県で鳥インフルエンザが確認されたのは2例目。

農林水産省によると、今シーズンすでに鳥インフルエンザの発生は(野鳥を除いて)19日正午の時点で処分されたニワトリなどの数は、1150万羽を超えたそうです。

2022年12月には、青森県の養鶏所で過去最高となるニワトリ役39万羽が処分される事態となっています。

まだまだ、鳥インフルエンザの危機はすぎ去っていません。

過去の鳥インフルエンザはどうだった?

2020年~2021年にかけては、ニワトリなどを処分した数は約987万羽。

2022年~2023年の今シーズン、すでに1107万羽なので過去最高の処分数となっています。

まだ、予断を許さない状況が続いています。

値上がりは「たまご」だけじゃない!「鶏料理」全般が上がる!?

全国で猛威を振るっている鳥インフルエンザ。

例えば「鶏めし」(大分県の郷土料理)ではすでに、鶏肉を仕入れることができず、生産数をギリギリまで減らして対応しているそうです。

鶏料理を扱う飲食店、焼き鳥屋さんも仕入れが難しくなっているとのこと。

一部のお店では、一時的に休業することも視野にいれていると悲鳴をあげています。

世間の声

↓1ドル128円(2023年1/19現在のレート)なので、単純に1,280円ってことですね!!高いですね。

アメリカと日本の土地の規模が違うので、日本で考えるとかなり数が多いので、たまごの値上がりは避けられないでしょう…

たまごの値上がりは避けられない!?鳥インフルエンザで異常事態のまとめ

今回は、たまごの値上がりは避けられない!?鳥インフルエンザで異常事態!を、調査させていただきました!

今後も鳥インフルエンザの最新情報が入り次第、追記します!
※ないことを願うばかりですが…。

では、最後までご覧いただき
ありがとうございました!

話題
シェアする
ラビニュース

コメント