【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡した現場はどこ?原因は?

【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡した現場はどこ?原因は? ニュース

18日午前6時15分ごろ、京都府久御山町にあるコカ・コーラボトラーズジャパンの京都工場で、「従業員が機械に挟まれている」と消防に通報がありました。

消防や警察によると、機械の管理作業などをしていた、32歳の作業員が機械に体を挟まれた状態で意識不明で見つかったということです。

その後、病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

京都府久御山町にあるコカ・コーラボトラーズジャパン京都工場の現場で作業中に起きた、偶然の事故だったのでしょうか。それとも誰か別の作業員のミスだったのでしょうか。

本当に機械に挟まれるような作業をしていたのでしょうか。画像もつけて調査していきます。

そこで今回、【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡した現場はどこ?原因は?についてまとめます。

まず、機械に巻き込まれて亡くなってしまった、作業員の男性のご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Links

【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ男性従業員が死亡した概要

【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡

18日午前6時15分ごろ、京都府久御山町にあるコカ・コーラボトラーズジャパンの京都工場で、「従業員が機械に挟まれている」と消防に通報がありました。 消防や警察によると、機械の管理作業などをしていた、32歳の作業員が機械に体を挟まれた状態で見つかったということです。作業員は病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。 警察は詳しい事故の原因を調べています。引用元:ヤフーニュース

18日午前6時15分ごろ、京都府久御山町にあるコカ・コーラボトラーズジャパンの京都工場で、「従業員が機械に挟まれている」と消防に通報がありました。 消防や警察によると、機械の管理作業などをしていた、32歳の作業員が機械に体を挟まれた状態で見つかったということです。作業員は病院に運ばれましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。 警察は詳しい事故の原因を調べています。

作業をしていた男性が、意識がない状態で機械に挟まれ死亡した現場はどんな場所なのでしょうか。調査したいと思います。

作業員の安田祥隆さんが機械に挟まれて死亡した現場は京都府の「コカ・コーラボトラーズジャパン」

作業員の男性が機械に挟まれて死亡した現場は京都府の「コカ・コーラボトラーズジャパン」

死亡事故現場は、京都府久御山町田井新荒見にあるコカ・コーラボトラーズジャパン「京都工場」です。

コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場の作業現場

報道によると、安田祥隆さんは【パレタイザーエリア】と呼ばれる、段ボールで梱包された飲料をベルコトンベアーで運ぶ作業を担当していたということです。

しかし、何らかの理由でベルトコンベアーが止まり、その様子を確認しに行ったところ、急にコンベアーが動き出し、挟まれたということです。

機械に安全装置はついてなかったのでしょうか?それとも解除して作業を行っていたのでしょうか。

コカ・コーラボトラーズジャパンの評判などを調査していきます。

コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場の評判

なんと、コカ・コーラボトラーズジャパンの口コミは2069件と過去最高の件数でした。

ラビ
ラビ

さすが、ビックネームだけあるわね…

しかし、口コミの評価は2.8と、あまりよろしくない印象を受けました。

他の口コミサイトでも評価2.5と、良い印象は感じることができませんでした。

死亡した作業員の名前や容態

報道で、ベルトコンベヤーの機械に挟まれて死亡したと思われる男性作業員についての情報は以下になります。

安田祥隆さん(32歳)
ラビ
ラビ

まだまだお若いのに本当に悲しい事故です。

また、新しい情報が入り次第追記します。

機械に挟まれ亡くなってしまった、安田祥隆さんのご冥福をお祈りいたします。

作業中の死亡事故でコカ・コーラボトラーズジャパンは罪になる?

現在、警察が司法解剖を行うなどして死因を調べると共に、当時の状況を詳しく調べているとのことで、わかり次第追記します。

事故原因は?

今回、コカ・コーラボトラーズジャパンの京都工場内の作業中に起きた事故の原因について現在、捜査が進められています。

近くにいた従業員の話によると、事故の瞬間は誰も見ていなく、安田祥隆さんが機械に挟まれていたということです。

コカ・コーラボトラーズジャパン京都工場は、24時間3交替制で安田祥隆さんが亡くなったのは、午前6時10分ごろなので、朝方に起きた事故。

夜勤は、人も少なく作業する側も脳が覚醒しきってないので、会社としては安全対策をしっかり取り組んでほしいですね。

ラビ
ラビ

夜勤じゃなくても危険な機械の側で、作業することには変わりはない。

また、新しい情報が入り次第追記します。

安田祥隆さんがベルトコンベヤーの機械に挟まれて死亡した世間の反応

安田祥隆さんがベルトコンベヤーの機械に挟まれて死亡
この男性がどうだったのかはまだわかりませんが、電源を切ってからやらないといけない作業を面倒だからとそのまま作業開始して、怪我や死亡事故に繋がるなんて話はよくありますね。私も工場で働いてますが、ついこの前も、電源を切ってから清掃しないといけない機械を電源を入れたまま清掃し怪我をした人がいたようです。その人は幸いちょっとした捻挫程度で済んだようですが、直接怪我や事故に繋がるような決まり事は例えどんなに面倒でもきっちり守らないといけません。私自身かなりの面倒臭がりなので、横着したい気持ちはとてもよくわかりますがね。
安田祥隆さんがベルトコンベヤーの機械に挟まれて死亡
生産性を求められると安全性は後回しになります。急かす人が存在する以上労災は無くならないでしょうね。
安田祥隆さんがベルトコンベヤーの機械に挟まれて死亡
まだお若いのに気の毒です。 夜勤だったのですかね、私は朝方まで働いていると気が緩むことがありました。もし仮に少し気が緩んだとしても大丈夫な仕組みが必要だと思います。会社は、事故が起きても死なないような仕組みにすべきです。 会社は、命がけで働くところでは有りません。

【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡した現場はどこ?原因は?のまとめ

今回、【画像】コカ・コーラ京都工場で機械に挟まれ死亡した現場はどこ?原因は?についてまとめました。

作業中に亡くなってしまったということで、慎重に捜査を進めてほしいですね。

企業の利益も大事ですが、働き手の安全を優先してほしいものですね。

ニュース
ラビニュース