台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想

台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想台風・異常気象

8月24日(木)沖縄の南で発達中の熱帯低気圧台風9号が『サオラー』になりました。

台風9号サオラーは、北上しながら沖縄の南で複雑な進路を辿る予想です。

さらに、この台風9号サオラーは、日本列島などにも影響が出る可能性も予想されています。

そこで、この記事では台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想について調査します。

台風2号(マーワー)が日本全国に大きな被害をもたらしましたが、今回の台風9号は大きな災害にならないことを願います。

Sponsored Links

台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?

台風9号「サオラー(SAOLA)」の名前はベトナムが用意した名前でウシ科の【ベトナムレイヨウ】に由来しているそうです。

ラビ
ラビ

Twitterで、この名前に反応してる人が続々と出てきてる(笑)

台風9号2023年(サオラー)
台風9号2023年(サオラー)
台風9号2023年(サオラー)
ラビ
ラビ

ちなみに『吉田沙保里』さん推しのことではありません。

吉田沙保里さん

2023年台風の名前

4月に発生した、台風1号の名前は「サンヴー(Sanvn)で、マカオが名付けた「さんご(珊瑚)」という意味です。

5月に発生した、台風2号の名前は「マーワー(Mawar)で、マレーシアが名付けた「ばら」という意味です。

6月に発生した、台風3号の名前は「グチョル(Guchol)で、ミクロネシアが名付けた「ウコン」という意味です。

ラビ
ラビ

台風委員会なるものが存在するのですね。世界は広い。

台風9号2023年(サオラー)はさらに勢力拡大?今後の進路予想

台風9号2023年(サオラー)はさらに勢力拡大?今後の進路予想

さらに勢力拡大?

最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル、中心気圧は1002ヘクトパスカルになるということです。

台風1号「サンヴー」が発生したときは、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル、中心気圧は1002ヘクトパスカルという情報だったので、ほぼ同じ勢力ですね。

前回の台風2号マーワーは、台風1号サンヴーの約3倍の勢力だったので、今回の台風3号はまだ勢力は弱いですが十分な注意が必要です。

ラビ
ラビ

今後は次第に勢力が発達する恐れがあるようなので、ご注意を。

今後の進路予想

気象機関が計算した進路のシミュレーション結果【アンサンブル予報】では、予想される進路に幅があるということで、本州方面などの影響が大きく変わってくるそうです。

実際のアンサンブル予報の図を見ても、予報の円がブレブレになっているのがわかります↓

さらに、勢力を拡大しながら日本列島に近づく見込みと予想されています。

勢力が弱まるまで、安心できないので、今後の進路情報には引き続き注意していきましょう。

台風9号2023年(サオラー)被害状況は?

台風9号の発生で現在、被害が出たという情報はありません

また新しい情報が入り次第追記します。

台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想の概要

24日、沖縄の南で台風9号が発生し、別の熱帯低気圧も今後台風に発達する予想です。来週は秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲でまとまった量の雨が降る可能性があります。日本付近は緩やかに高気圧に覆われていますが、南から湿った空気が流れ込んでいます。そのため、大気の状態が不安定となっていて、きょう(24日)は九州・沖縄から北海道にかけて、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達しています。 あす(25日)から日曜日(27日)にかけても、全国的に大気の状態が不安定となり、晴れる所でも所々で雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。天気の急変に注意が必要です。 月曜日(28日)と火曜日(29日)は、東日本や西日本では、高気圧に覆われて広く晴れる見込みです。一方、北日本には梅雨前線が停滞し、雲が広がりやすく、雨が降る所もあるでしょう。 水曜日(30日)以降は、台風9号が南西諸島に接近し、影響を及ぼすおそれがあります。引用元:ヤフーニュース

24日、沖縄の南で台風9号が発生し、別の熱帯低気圧も今後台風に発達する予想です。来週は秋雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、広い範囲でまとまった量の雨が降る可能性があります。日本付近は緩やかに高気圧に覆われていますが、南から湿った空気が流れ込んでいます。そのため、大気の状態が不安定となっていて、きょう(24日)は九州・沖縄から北海道にかけて、あちらこちらで雨雲やカミナリ雲が発達しています。 あす(25日)から日曜日(27日)にかけても、全国的に大気の状態が不安定となり、晴れる所でも所々で雨雲やカミナリ雲が発達しそうです。天気の急変に注意が必要です。 月曜日(28日)と火曜日(29日)は、東日本や西日本では、高気圧に覆われて広く晴れる見込みです。一方、北日本には梅雨前線が停滞し、雲が広がりやすく、雨が降る所もあるでしょう。 水曜日(30日)以降は、台風9号が南西諸島に接近し、影響を及ぼすおそれがあります。

ダブル台風2023・台風9号と台風10号

ダブル台風2023・台風9号と台風10号
ラビ
ラビ

日本の南に2つの台風(ダブル台風)が発生しているから十分な注意が必要ね!!

台風9号2023年(サオラー)世間の反応

台風9号2023年(サオラー)世間の反応
石川県は例え台風だろうが大雨洪水警報だろうが学校が休みにならない。 兵庫県では大雨洪水警報が出たときは小中高は学校が休みになる。 聞けば石川県では今まで大した被害を受けたことが少なくて、警戒心が全くない。昨年洪水を経験してもまだ分かってない。 対して兵庫県では過去の教訓から風の怖さ、水の怖さを知っている。 そろそろ過去の経験則では合わなくなってきていることを自覚しないといけないと思う。
台風9号2023年(サオラー)世間の反応
台風や線状降水帯による大雨洪水被害が頻繁にニュースになります。 台風が接近、上陸しない地域でも大雨被害が出たりしますので、本当に台風の進路、雨雲レーダーのチェックは必須ですね。
台風9号2023年(サオラー)世間の反応
この先どれくらい台風が来るのだろう。 ここ数年ゲリラ豪雨も多く、台風の勢力も激しくなってきた。 恐怖です。

台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想のまとめ

今回、台風9号2023年(サオラー)の意味や由来は?さらに勢力拡大?今後の進路予想についてまとめました。

近年、異常気象が増えてきているので、それに伴い勢力の強い台風も予想されるので、注意しておかないとですね。

災害など備品など必要最低限は容易しておいても良いかもしれませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。