【2023年】一心寺初詣の混雑状況や駐車場は?参拝時間や屋台も!

パワースポット

一心寺は、大阪府にあります。
※(いっしんじ)と呼びます。
正式名称は『坂松山高岳院一心寺』(ばんしょうざんこうがくいんいっしんじ)

今回は初詣で、
・2023年も安心して暮らしたい!
・いい一年のスタート切りたい!


そんなあなたにピッタリな神聖な場所。

じつは、知る人ぞ知る
厄除け・縁結び・開運のパワースポット

それが、大阪市にある一心寺

まだ知らない方のためにも
一心寺の情報をまとめました!


そんな、一心寺の初詣について今回

・2023年一心寺初詣の混雑状況や駐車場
・2023年一心寺初詣の参拝時間や屋台


を紹介していきます!

Sponsored Links

【2023年】一心寺初詣の基本情報やアクセス方法

一心寺は、神秘的なパワースポットです。

まずは、
一心寺の基本情報から見ていきましょう!

一心寺の基本情報

一心寺は、浄土宗の寺院。
1185年に、上人が四天王寺西門の西側に、草庵を結んだのが始まりとされてます。

1596年に三河国の僧侶、本誉存牟(ほんよぞむ)がここで、一千日の念仏の修行を行い寿命山観称院一心寺として再興したそうです。

彼の名前から一心称名を持って寺ができたので【一心寺】となったそうです。


その後、1887年に初めて、お骨佛が作られ『骨仏の寺』として、納骨する場所としてよく知られています。

納骨堂には、人骨で作られた仏像が安置されています。

『お骨佛』(おこつぼとけ)といって、納骨された方のご遺骨を10年分まとめて、水とセメントを練り混ぜて阿弥陀如来像を造立します。
※大阪市の無形民俗文化財に指定。

一心寺は、徳川家康の本陣が置かれた場所としても有名です。

あと、一心寺では理由はわかりませんが、創価学会の方のみ受け入れを拒絶しているそうです。

一心寺のアクセス方法

一心寺の住所は、
大阪市天王寺区逢阪2丁目8-69です。

電車だと、JR「天王寺駅」を下車後、一心寺まで徒歩16分
※横に天王寺公園が隣接していますよ。
天王寺動物園も近隣にあります。

【2023年】一心寺初詣の混雑状況は?

一心寺は、強力な厄除け・縁結び・開運のご利益があるとして、超人気のパワースポットです。

普段から人が多い場所。

一心寺のご利益を受け取るため、一年のスタートを良くするため参拝者で賑わうので、元日から1月5日まではかなり混むでしょう。

【2023年】一心寺初詣の駐車場について

一心寺に駐車場はありません。

なので、お近くのパーキングをご利用ください。

【2023年】一心寺初詣の参拝時間は?

一心寺の参拝時間は、午前9時から午後16時までです。

時間と心には、余裕をもって参拝しましょう。

一心寺初詣の屋台情報

一心寺でめっちゃ気になるところ…
屋台の出店があるかどうかですよね。

調べたてみたところ、一心寺に屋台の情報はありませんでした。

一心寺のおすすめポイントのパワースポットをご紹介!

一心寺は入口から綺麗な情景で、まるで美術館を思わすほどの美しさです。

入口(山門)に、青銅製の彫刻の仁王像が鎮座されています。

あと、一心寺の外には『一心寺シアター』があり、神がかった仏陀を見ることができますよ。

このように昔から一心寺は、強力な厄除け・縁結び・開運とされ、この神秘の力のご利益を受け取りに毎年多くの方が訪れる場所です。

【2023年】一心寺初詣の混雑状況や駐車場・参拝時間や屋台のまとめ

この記事では、

・2023年一心寺初詣の混雑状況や駐車場
・2023年一心寺初詣の参拝時間や屋台


について紹介してきました。

由緒あるパワースポットで、厄除け・縁結び・開運にご利益がある神社なので、お出かけのときはぜひ、一度足を運んでみてくださいね。

それと、開運・厄除けのご利益があると噂の南河内にある開運松原六社参りの初詣の詳細についてはこちらで紹介してますので、あわせてお読みください。

・【2023年】開運松原六社参りとは?パワースポット巡りで厄除け

コメント